ルイヴィトン財布タイガのものはどう|ルイヴィトンエピセカンドバッグ_ネット上で買ってルイヴィトン財布タイガ|ルイヴィトン財布タイガ加盟 上海到南昌物流专线


2015-01-27 11:06    ルイヴィトン財布タイガ
 若林は今日は、東横沿線に住んでいる者で北多摩や南多摩に土地を買った人々に当ってみることにした。  国電で渋谷に廻り、東横線に乗り換えた。  まず代官山で降りる。名簿と照らしあわせながら訪ねて歩く。大邸宅の持ち主や広い土地を買った者は投資用と見て避け、借家風の家やマンションやアパートなどに住んでいる連中を訪れた。  土地を買っただけで精一杯で、まだ何年かは建てる予定がないというところもあれば、多摩に建てる家には一生のあいだ住むことになるだろうから、プレハブでは|嫌《いや》だ、という者もいた。  それに、若林を応対するのはみなが主婦だから、主人と相談してみなければ、どうにもならない、という者が多かった。  みんな、ドアを開かずにインターフォーンで問答するのだから、若林はカタログを郵便受けに突っこんで退散しなければならなかった。  だが、そんなことで若林はガッカリはしない。契約が毎日まとまったりするわけはないからだ。  スーパー・マーケットで特売のソーセージを一キロと野菜ジュースの|大《おお》|罐《かん》を買い、それを児童小公園に運んで、ベンチで昼食をとった。歩いて中目黒に向う。      3  ドアを開けてくれたのは、中目黒に着いてから、二軒目の賃貸しマンションに来たときであった。  そこの七階のフラットに住む森川という表札がかかったドア|脇《わき》のインターフォーンで用件を言うと、すぐにドアが開いた、というわけだ。  ドアを開いたのは四十近い|肥《ふと》った女であった。和服姿だ。狭いが家具や|絨毯《じゅうたん》は豪華な応接室に通された若林は、白豚のようなその女を職業的な微笑と共にときどき見つめながら、 「……工期は普通の半分で、大工たちの茶菓に心をわずらわせる必要はございません。それに、普通お|家《うち》をお建てになるときは、建築費だけでなくて設計料や付帯設備費などが二割も余計にかかるものですが、その点わたくしたちの東洋ニュー・ハウスは、お家が建ち次第、すぐにその場でお住いになるのに必要な、光熱、|厨房《ちゅうぼう》、風呂、照明、配線、換気、給湯……などの設備が、一さい定価に含まれておりますので……」  と、カタログを|拡《ひろ》げ、声に暖かみを加えて説明していく。  女は説明を|上《うわ》の空で聞きながら、涼し気な眼許の若林の顔をうっとりと見つめている。  カモだ。ときどき若林は、こういった女に出くわす。そして、こういう女は、たいていが、|亭《てい》|主《しゅ》を説得してくれるのだ。

最新情報

ランキング