買ってヴィトン ダミエどのウェブサイトの良い_ヴィトン ライン 一覧|買ってヴィトン ダミエ何に注意して ヴィトン ダミエ画像 上海到南昌物流专线


2015-01-27 11:15    ヴィトン ダミエ
 陽子が無断で辰子の家に行った原因は、夏枝の言葉通りに信じていた。 「わたくし今日ちょっと、きつく陽子ちゃんをしかってしまったんですの。わたくしに、きつくしかられたことなどなかったものですから、悲しかったのかも知れませんわ」  夏枝は、そう啓造にいったのである。  啓造は、陽子については、辰子の家に泊まると知って安心していた。それよりも徹が、 「陽子ちゃんはもらい子か」  といって、父の自分を強く責めたことに、心を痛めていた。 (徹と陽子は、どんなことがあっても、実の兄妹で通さねばならない)  啓造は、改めてこのことを決意させられた。そして徹に疑いを持たせるような態度を捨てて、もっと陽子の父らしくふるまわねばならぬと床の中で幾度も自戒した。  幸か不幸か、啓造の心は徹の鋭い言葉にのみこだわっていた。だから、夏枝が陽子の出生を知ってしまったことに気づかなかった。しかも、今朝帰ってきた陽子が、夏枝にしがみつき、二人が泣かんばかりに抱きあっているのを啓造は見た。その時、啓造は、 (全く本当の親子のようだ。こんなに夏枝は陽子を愛している。もし、陽子が佐石の子だと知ったら……)  と思っていた。昨日、夏枝が知ってしまったことを、啓造はついに気づかなかったのである。それで啓造は、夜も眠らずに過ごした夏枝のことを思うと、佐石の子を育てさせている自分の残忍さを責められる思いであった。疲れは、病院の仕事のせいばかりではないことに気づくと、いよいよ啓造は帰るのがおっくうになった。  思いきって帰ろうと立ち上がった時、電話のベルが鳴った。受話器をとると、 「札幌の高木様からお電話でございます」  と交換手が告げた。 「おい辻口か」  相変わらず元気な高木の声であった。 「ああ、元気かね。何か急用かね」 「フン。愛想のないいいぐさだな。用なき電話という、イキな電話のあることを知らねえな」