ルイヴィトンマフラースーパーコピーどう,ゴヤール偽物_オンラインショッピングをルイヴィトンマフラースーパーコピー_ルイヴィトンマフラースーパーコピー加盟電話 上海到南昌物流专线


2015-01-24 00:57    ルイヴィトンマフラースーパーコピー
「そこの生まれじゃないのか」 「そう。中学を出てすぐその工場へ行ったの。働きながら高卒の資格が取れるのよ」 「へえ……」 「そこでずっと働いてるうち、あたしの家の者は死んだりして、ちりぢりになっちゃったの」 「故郷《くに》、どこ」 「そのうち工場も閉鎖になっちゃって」 「どこなの、故郷は」 「それで東京へ来て……ずっとあの工場で働いてるつもりだったんだけどね。家、貧乏だったからね。工場もだめになっちゃうし、お父ちゃんやお母ちゃんも死んじゃったし、あたしなんかもう、すること、なんにもなくなっちゃったんだもの」 「泣いてるね。なぜ……」 「あたしのすること、もうひとつしかないのよ」 「故郷、どこだよ」  風間が憤《おこ》ったように立ちどまって叫んだ。和子は頬《ほお》を濡《ぬ》らしながらゆっくりと歩き続けている。 「あたしだって、誰かに喋っちゃいたいのよぉ」  和子は突然振り返って喚《わめ》くように言った。 「故郷……君の故郷、まさか」 「そうよ。九州よ。室川の工場があるとこよ」  月が雲に隠れ、すぐに出た。湿った強い風が二人の髪《かみ》をなびかせた。  室川の会社は九州に工場を持っていた。その工場から排出された大量の有機水銀で、多くの悲劇が生まれた。